新築 費用 頭金

新築にかかる費用、頭金はどれぐらい必要?

よく住宅メーカーでは「頭金なしで購入可能です」と頭金がなくても購入できることを宣伝していますが、本当に頭金がなしでも購入することはできるのでしょうか。

 

 

 

頭金が必要かはその人の収入次第なところもあり、頭金なしでも貯金や安定した収入があったり、

 

 

 

建築予算によっても変わってきますので、一概に何割必要とは言い切れませんが、一般的には頭金として2割から3割程度必要だと言われています。

 

 

 

“頭金0円でも家を建てることは可能”かもしれませんが、たとえ頭金なしで購入できてもその後維持、管理していくことが困難になり手放してしまうといったリスクはあります。

 

 

 

新築の購入にあたり、土地代や建物の本体価格以外に必要な費用があり、

 

 

 

3000万円程度の物件でもその本体価格以外に何かと諸費用が掛かり、その費用を考慮しておく必要があるのです。

 

 

 

購入時にかかる諸費用として地盤調査費、 地盤改良が必要であれば地盤改良費、設計費用、建築費用、水道負担金、登記費用、火災保険などの費用が別途必要になります。

 

 

 

住宅ローンを組まれる際に金融機関により頭金が必要な場合もあり、それぞれの審査結果によって異なりますが、1〜2割程度の頭金を求められることもあります。

 

 

 

そして引っ越し業者に依頼する場合は、引っ越し代が必要になってきますし、家具や電化製品、カーテンなどの購入費用なども必要になります。

 

 

 

カーテンは既製品のものを選ぶと安く抑えることができますが、窓の大きさに合うカーテンがない場合はオーダーしなければならなく、オーダーカーテンは予想以上に高くつくことが多いです。

 

 

 

さらに地盤改良費は地盤の状況によって大きく変動します。

 

 

 

地盤改良費が一切必要ない場合もあれば、地盤改良費で100万円を超えることもあり、思わぬ出費になることもあります。

 

 

 

土地代や建物本体価格以外に必要な費用として300万円〜500万円をみておくといいでしょう。

 

 

 

住宅ローンを選ぶ時に、審査が通るのか、金利は安いのかということを重要視して選ばれる方が多いですが、返済しやすいのかということも重要なポイントです。

 

 

 

一般的に無理なく返済できる額は年収の5倍だと言われていますので、これぐらいを目安にローンを組まれると返済しやすいのではないかと思います。