新築 費用 諸経費

新築にかかる費用、諸経費編!

新築一戸建ての購入にあたり諸費用はどれぐらいを目安にしておくといいのでしょうか。
一般的に諸費用は住宅購入費の約5%が目安だと言われています。

 

 

建物の本体価格、土地代以外に必要な費用についてみていきましょう。

 

 

まず契約を行うと申し込みの際に手付金というものが発生し、手付金の額は様々ですが、一般的に10万円〜100万円が目安になっているようです。

 

 

そして登記費用、地盤調査費、ローン保証料、事務手数料、固定資産税等の精算金、水道局納金、火災保険などの費用が発生します。

 

 

火災保険は補償内容によって価格はピンキリですが、地震、水害、台風、その他様々なオプションを付けると高くなりますが、必要のない項目を外せば価格を節約することができます。

 

 

そして一括で支払いをするのか、年払いするのかによっても金額が異なります。

 

 

さらに地盤調査の結果により、地盤の改良が必要になった場合は地盤改良費が発生します。

 

 

地盤改良費は土地の状況次第で、地盤改良費が必要ない場合もありますが100万円以上の改良費が必要になることもあります。

 

 

そして入居後に必要な費用として、アンテナ、カーテン、エアコン、照明、引っ越し代が必要になります。

 

 

カーテンや照明などを全て付けてもらうことも可能ですが、基本的に金額は高くなってしまうので、入居後に揃えて節約される方も多いですね。

 

 

引っ越し代としては10万円以内になるケースが多いようですが、引っ越しを行う時期によっては引っ越し代が高くついてしまうこともあります。

 

 

また入居して不動産登記した後に不動産取得税が発生しますが、これは半年〜1年半後に必要な費用となります。

 

 

最後に家を購入した後ずっと支払う費用として、住宅ローンの返済費、固定資産税・都市計画税、メンテナンス代などが必要になります。